lccインフォメーション

lccは東南アジアでももちろん人気がありますが、ベトナムにおいては2015年にASEAN経済共同体が発足したことにより、より多くの国に就航することがわかっています。域内のローコストキャリアとそれ以外の航空会社間の乗り入れが容易になっているので、利用者にとってはかなり良いことばかりと言えます。ローコストキャリアの多くの会社は、機体の大型化に取り組んでいます。それによって、多くの需要に応えることができるという考えがあります。

香港のローコストキャリアの香港エクスプレスが、1週間における便数を、10便程度増やすということがわかっています。2015年12月には、成田空港にも就航しています。香港と関西を結ぶ便数もかなり増えています。

成田空港は、ローコストキャリア用のターミナルが2015年8月に完成するという発表をしています。これによって、ローコストキャリアの利用者は今後も増えていくことが予想されます。第三ターミナルという名前になることがわかっていて、そこを使うローコストキャリアは、ジェットスター・春秋航空・バニラエアです。出入国審査場と飛行機を結ぶ連絡橋を設けます。それによってアクセスが効率的になります。