海外lccの野望

lccは多くの会社が参入していますが、そのなかでも特に人気が高いのが日本以外の国のlccです。それらの多くは日本の多くのlccよりも圧倒的にサービスが優れているといえます。単に経営資源の無駄を省いているというだけでなく、必要なサービスはすることを忘れていないです。単におろそかで、飛行機のチケット代が低いというだけではないのです。中国やマレーシアのローコストキャリアはかなり人気が高いのには、そういった背景があるということが挙げられます。

高松空港に就航した中国系の格安航空の会社は、車内で販売する飲食物に趣向を凝らすなどの工夫もしていますし、立ち席の導入をしたりと斬新なサービスをしたことでも知られています。そのエアラインを利用したお客さんから苦情がたくさん来ているのかと言えば、そのようなことはなく顧客満足度もかなり高いことがわかっています。就航してから機材関連のトラブルが生じたことやヒューマンエラーが頻発したことがあるのかといえば、そのようなことは無いです。自動チェックインの端末も多く用意されており、係の人が丁寧に案内しています。

日本のlccよりも多くの経験を積んでいるので、これからも海外lccは日本で普及していくと考えられます。