lccの裏側

旅行へは行きたいけれど資金が足りない、または、限られた予算内で、できれば何度も旅行へ行きたい、そんな人には、lccの利用がおすすめです。今や、国内はもちろん、海外へも飛んでいて、大変便利に使えるのですから。
lccの最も大きなメリットは、料金が安いことです。時期によってはタイムセールなどで、破格の料金のこともあり、国内旅行よりも安い価格で海外旅行ができたりします。そうした場合は、もちろん獲得のために激戦が予想されますが、インターネットで簡単に予約できるので、わざわざ並ぶわけではありませんし、頑張る価値は十分にあるでしょう。
低料金の代り、様々なサービスは有料になります。機内食や飲み物、毛布なども有料ですが、これらは、持ち込みができるので、カバー可能です。エンターテイメントの類も、機内で寝てしまう人なら必要ないでしょう。預け荷物も有料になりますが、これは、事前に申請しておくことで、当日受付よりは安くあげることができます。荷物の計量は厳格なので、少しぐらい大丈夫だろうと思わずに、事前に自分で計量しておきましょう。
また、最大の欠点は、遅延や欠航の場合、フォローが期待できないことです。けれど、もともとが低料金なので、運が悪かったと思って気持ちを切り替えることが肝心です。トラブルも話のネタだ、というぐらいの心の余裕が、lcc利用の要かもしれません。

飛行機の予約 ← 一発検索で簡単に国内航空券の最安値を見つけられます!会員になるとさらにお得!


lccって本当に安いの?

一般に、lccは安いと言われていますが、本当に安いのでしょうか。
安く利用するには、コツがあります。まず一番目に、少しでも早く旅程を決めること。基本的に、発売開始日が一番安いのがlccで、その後は、売れ行きによって価格が変動します。そして、最も安いものは取り消しができません。変更するにも、手数料がかかります。旅程さえ決定していれば、それらは必要ありませんから、早く旅程を決めてしまうことが肝要なのです。
次に、サービスが有料となります。機内で受けるサービス、食事や飲み物、ゲームなどのエンターテイメント、座席指定、預け手荷物などは、別途料金がかかります。食事は持ち込み、座席指定はせずに、機内では読書や睡眠、とすれば、それらは要りません。もっとも、食事は持ち込みできないエアラインもありますので、あらかじめ調べておくべきです。預け手荷物がある場合は、事前に予約しておくことで安く抑えることができます。また、機内持ち込み手荷物でも、規定の範囲を超えると預け荷物にされてしまいます。荷物の計量はシビアなので、あらかじめ自分で計量しておき、必ず規定の範囲内に収めなければなりません。
そうしたことを考慮して賢く利用するなら、lccは大変安いと言えるでしょう。